建設業許可申請expert         はらだ司法書士行政書士社会保険労務士事務所
建設業許可について  
建設業許可が必要な場合
建設業許可の業種
建設業許可の種類
建設業許可の要件
建設業許可の有効期限
建設業許可の費用
申請手続の流れ
申請に必要な書類
許可後の手続について
手続が必要な場合
営業年度報告
変更届
商業登記
建設業許可の更新
建設業許可の業種追加
経営審査事項申請
助成金




お役立ち情報

建設業許可の要件
建設業許可の要件の中に『欠格要件に該当しないこと』があります。

■ 欠格要件に該当しないこと
以下のいずれかに該当する場合は許可を受けられません。

@

会社の場合は会社・役員・営業所の代表者、個人事業の場合は本人・支配人が以下のいずれかに該当する場合
1. 成年被後見人・被保佐人・破産で復権を得ない人 
  2. 不正手段により許可を受けたり、営業停止処分に違反したりしたために、許可を取消され、取消日から5年を経過しない者
  3. 許可の取消を免れるために廃業を届出し、5年を経過しない者 
  4. 建設業法違反により営業停止を命じられ、停止期間が経過しない者 
  5. 禁錮以上の刑に処せられ、刑の執行終了又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者
  6.  建設業法等、暴力行為等処罰に関する法律といった特定の法律に違反して罰金以上の刑に処せられ、刑の執行終了又は執行を受けることがなくなった日から5年経過しない者 
A

許可申請書類の重要事項につき、虚偽の記載、重要事実の記載欠落があった場合 
 


未成年の場合、本人が上記に該当しなくても、その法定代理人が該当する場合は欠格事由とされます。
 





はらだ司法書士行政書士社会保険労務士事務所
〒330−0055
埼玉県さいたま市浦和区東高砂町2番5号 
NBF浦和ビル6階

Copyright(C)2008 YasunobuHarada All Rights Reserved.