建設業許可申請expert         はらだ司法書士行政書士社会保険労務士事務所
建設業許可について  
建設業許可が必要な場合
建設業許可の業種
建設業許可の種類
建設業許可の要件
建設業許可の有効期限
建設業許可の費用
申請手続の流れ
申請に必要な書類
許可後の手続について
手続が必要な場合
営業年度報告
変更届
商業登記
建設業許可の更新
建設業許可の業種追加
経営審査事項申請
助成金




お役立ち情報

建設業許可の要件
建設業許可の要件の中に『500万円以上の預金証明』が必要となります。。

■ 500万円以上の預金証明
請負契約を履行するに足りる財産的基礎又は金銭的信用がなければなりません。以下に掲げる要件について、『一般建設業許可』の場合は『いずれかの』、『特定建設業許可』の場合は『すべての』要件を満たさなければなりません。

 
【一般建設業許可】
 以下のいずれかに該当しなければなりません。。
 
@ 自己資本の額が500万円以上
A 500万円以上の資金を調達する能力があること
B
許可申請直前過去5年間許可を受けて建設業を営業した実績があること(更新の場合)


 
【特定建設業許可】
 以下の
すべてに該当しなければなりません。
 
@ 欠損額が資本金の額の20%を超えないこと
A 流動比率が75%以上であること
B
資本金の額が2,000万円以上であり、かつ自己資本の額が4,000万円以上であること





はらだ司法書士行政書士社会保険労務士事務所
〒330−0055
埼玉県さいたま市浦和区東高砂町2番5号 
NBF浦和ビル6階

Copyright(C)2008 YasunobuHarada All Rights Reserved.