建設業許可申請expert         はらだ司法書士行政書士社会保険労務士事務所
建設業許可について  
建設業許可が必要な場合
建設業許可の業種
建設業許可の種類
建設業許可の要件
建設業許可の有効期限
建設業許可の費用
申請手続の流れ
申請に必要な書類
許可後の手続について
手続が必要な場合
営業年度報告
変更届
商業登記
建設業許可の更新
建設業許可の業種追加
経営審査事項申請
助成金




お役立ち情報

建設業許可の要件
建設業許可の要件の中に資格又は実務経験』が必要となります。。

■ 資格又は実務経験
許可を得て建設業を営もうとする営業所すべてに専任技術者をおかなければなりません。専任技術者は各営業所に常時勤務する者でなければならないため、他の営業所との兼務は認められません。しかし、経営業務の管理責任者と兼任することはできます。一般建設業において、専任技術者は、以下@〜Dの5つのパターンのうちいずれかの要件を備えなければなりません。

 パターン@ ・『許可を受けようとする業種で指定する学科』を修めた
・『高等学校卒業後』
・『5年以上』の実務経験
 パターンA ・『許可を受けようとする業種で指定する学科』の
・『旧実業学校卒業程度の検定規定の検定を合格後』
・『5年以上』の実務経験
 パターンB ・『許可を受けようとする業種で指定する学科』の
・『旧専門学校卒業程度の検定規定の検定を合格後』
・『3年以上』の実務経験
 パターンC ・『許可を受けようとする業種』で
・『10年以上』の経験
 パターンD  『許可を受けようとする業種で指定する一定の資格』を有する者

特定建設業許可の場合、以上の要件に加え更に以下のE〜Gの3つのパターンのうちいずれかの要件を備えた専任の技術者をおかなければなりません。

 パターンE  『許可を受けようとする業種で指定する一定の資格』を有する者
 パターンF ・『許可を受けようとする業種』で
・『発注者からの直接請負い』
・『請負代金が4500万円以上』に関し
・『2年以上』
・『指導監督的実務』の経験
 パターンG 『国土交通大臣』が『パターンEFと同等以上の能力』と『認定




はらだ司法書士行政書士社会保険労務士事務所
〒330−0055
埼玉県さいたま市浦和区東高砂町2番5号 
NBF浦和ビル6階

Copyright(C)2008 YasunobuHarada All Rights Reserved.